想いがこもった。昔ながらのロゴマーク – keel design logo story

キールデザインのロゴに込められた想いとは?

まず、KEELとは。
竜骨のこと。

重船舶の構造材のひとつで、
船底を船首から船尾にかけて通すように配置された構造材のことをさします。

これは人間の背骨にあたり、船体構成の基礎となります。

キール(竜骨) の基本的な3つの役割

・前後方向の強度
・方向制御、船の横滑りを減少させる役割
・ローリング (回転) の防止

付随するデザインとは

企画立案を含んだ設計あるいは意匠のこと。
ラテン語の「指示・表示する」を意味する(デシグナレdesignare)に由来する語。
元来は計画、設計、意匠を意味したが現在は日常の実用目的にそった造形活動一般をさします。

ミッション&バリュー

・ミッション
デザインから経営を強くする。
・バリュー
作れる人はたくさんいるが、創れる人は少なく、さらに経営に貢献できる人は限られている。

経営とは辞書で調べてみると

「事業目的を達成するために、継続的・計画的に意思決定を行って実行へと移し、事業を管理・遂行すること。また、そのための組織体。」とあります。

これは「継続的・計画的な意思決定をすることが最も大切である」ということになります。

また、ドラッカーは「企業の目的は顧客の創造である」といっています。
顧客の創造とは、顧客ニーズに応えることで自社の顧客をつくっていくということです。

タグライン:デザイナーは裏方業。徹底してパートナーを守り抜くという強い意志。
『新たなる船出と、顧客創造へ。』キールデザインは伴走する心強いパートナーです

ロゴのカラーリングについて

・メインカラーはネイビー
キールデザインのネイビーは「冷静さ・誠実さ・賢さ」を表現しています

・サブカラーはイエロー
キールデザインのイエローは「明るさ・楽しさ・ワクワク感」を表現しています

冷静さとワクワク感(楽しさ)が企業存続の秘訣。
これが、クリエイティブディレクターとして、職人として、私にとっての志なのです。
現在は、この思いも、『Ame to Tsuchi, Inc.』のメンバーへと継承しています。

皆様とのご縁を大切に、これからの飛躍できるメンバーとの出会にいつもワクワクしています。

関連記事

TOP